\ ポイント最大9倍! /

BLUETTI AC180T/AC180P/AC180の違いは?3機種徹底比較

当サイトには広告が含まれますが、筆者独自の視点で作成している内容には影響を与えていません。

ポータブル電源を狙っている人に朗報!
BLUETTIセール開催中!
高寿命のリン酸鉄リチウムイオン電池を採用したBLUETTIポータブル電源を手に入れる大チャンス!

セール価格例
AC240: ¥179,800(¥80,000引き)
AC200Max: ¥169,000(¥30,000引き)
AC180: ¥128,000(¥20,000引き)
AC70: ¥72,800(¥12,000引き)


春のキャンプや防災対策にピッタリ!
あなたはこのチャンス、活かせますか?

\最大8万円オフの大チャンス!/

人気商品は売り切れ注意!

機能満載で人気のポータブル電源ブランドBLUETTI。
ちょうどいいサイズのAC180シリーズにバッテリー着脱可能なAC180Tが追加されました。、「AC180T」「AC180P」「AC180」の3機種体制になりました!

この記事でわかること

・BLUETTI AC180T / AC180P /AC180の違い
・おすすめの選び方

同じような名前で何が違うの?
どの機種がおすすめなの?

そんな疑問を持つあなたのために、徹底解説します。

BLUETTIの最安値情報はこちらから

目次

スペック

BLUETTI AC180シリーズのスペックは以下の通りです。

スクロールできます
項目BLUETTI AC180T
BLUETTI_AC180T
BLUETTI AC180P
AC180L
BLUETTI AC180
BLUETTI_AC180
定格容量1,433.6Wh1,440Wh1,152Wh
容量拡張不明最大4,512Wh最大4,224Wh
出力1800W1800W1800W
瞬間最大出力2700W2700W2700W
電池素材リン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウム
充電時間90分100分60分
サイズ(奥行/幅/高さ)mm390/280/395340/247/317340/247/317
重量26.5kg16kg16kg
充電サイクル
(容量80%)
3,000回3,500回3,500回
保証期間不明60ヶ月60ヶ月
価格(税込)不明198,000円148,000円
製品の詳細公式サイトをみてみる公式サイトをみてみる
最安値の確認最安値をみる最安値をみる最安値をみる

BLUETTI AC180T / AC180P / AC180 機能別比較

数字だけ見ても分かりませんから、機能を項目別に比較をしていきます。

定格容量〜AC180TとAC180Pは同等〜

AC180Tは1,433.6Wh、AC180Pは1,440Whとほぼ同等。
AC180は1,152Whと、20%ほど少なくなります。
AC180PとAC180は容量違いですから用途によって選べばいいですが、価格が大きく違うのでおすすめはAC180です。

また、拡張に使えるバッテリーは、AC180PとAC180は共通で最大3,072WhのB300が接続可能です。
合計4,000Wh以上になりますので、エアコンも15時間以上稼働させられます。

エアコンを稼働する実験記事

出力〜AC180T / AC180P / AC180すべて共通〜

BLUETTI AC180T / AC180P / AC180ともに出力は1800W、瞬間最大出力は2700Wになります。
最大出力が大きい家電でもホットプレート(1400W)、ドライヤー(1200W)くらいなので、身近な家電はなんでも使えると思っておいて大丈夫です。

ホットプレートとドライヤーとエアコンを同時にポータブル電源で使うこと、ないでしょ?

充電時間〜AC180はなんと60分!

満充電までの時間は、一番容量の少ないAC180が60分、AC180Tは90分、AC180Pは100分となります。
容量が少ないことを差し引いてもAC180は少し早い感じはします。

使用する前に充電することを考えると、使い勝手は大きく変わります。
出かける前夜から充電しないと間に合わないか、朝起きてからでも間に合うかの違いです。

見落としがちですが大事なポイントなので、忘れないようにしましょう。

サイズ/重量〜電池交換式のAC180Tは大きくて重い〜

BLUETTI AC180T / AC180P /AC180Pは全てリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しています。
「三元系リチウムイオン」と比較すると重くなりますが、寿命が長く安全性は高いので当サイトではおすすめしています。

サイズと重量はAC180P/AC180は全く同じです。
しかし、電池交換式のAC180Tはひと回り大きく、重量も約10kg重くなります。
電池交換の必要がなければ、AC180T以外を選びましょう。

参考ですが、ここまでの大容量が必要でなければ、AC70をお勧めします。10kgほどで手軽に持ち運べます。

サイクル数〜3,000〜3,500回で並ぶが保証はAC200Pが5年で最長〜

3機種ともリン酸鉄リチウムイオン電池採用なのでサイクル数は3,000回以上。
AC180Tが3,000回で、AC180P/AC180は3,500回です。普通に使えば10年以上使えます。

保証期間も同等です。安心して使ってください。

機種保証期間
AC180T60ヶ月?
AC180P60ヶ月
AC18060ヶ月

拡張性〜AC180TはSwapSolar対応!バッテリー着脱ができて冷蔵庫に使える〜

AC180Tの大きな特徴はバッテリーの着脱ができること。
このバッテリーパックはマルチクーラーに使え、冷蔵庫/冷凍庫/製氷機として使えます!

価格はまだわかりませんが、マルチクーラーにバッテリーが付属していない分やすくなることが見込まれますし、AC180Tはバッテリー1つでも動くので使い方はあなたの想像力次第!
予備バッテリーとは交換するだけで済むので、上手に運用すれば省スペースにもなります。

価格〜AC180のコスパが高い!〜

冷蔵庫とのセット購入でなければ、AC180を薦めます。
AC180Pはかなり高額で、上位モデルのAC200MAX並み。
サイズと重量の割には高スペックではありますが、いかんせん価格差が大きすぎます。

直近の最安値は以下の通り。(2024年2月現在)

機種価格
AC180T不明
AC180P179,800円(18,200円引き)
AC18099,800円(48,200万円引き)

従って、3機種の中で当サイトがオススメするのはAC180です。

まとめ

悩んでしまいがちなBLUETTI AC180T/AC180P/AC180の比較でした。

一番のおすすめは、高機能と価格のバランスがいいのはAC180。

AC180Tは、今後のバリエーション展開に注目です。冷蔵庫以外が出てきたら面白いかも。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • AC180PをAC180Lと表示されております。訂正をお願いいたします。AC180Pは上代設定が198,000円となっております。AC180と同じ大きさで容量が大きくなっております。すなわち、良い電池を使っているということです。よろしくお願いいたします。

    • 近藤様、お世話になります。
      誤表記、大変失礼いたしました。
      修正いたしましたので、ご確認お願いいたします。

      今後、さらに良いサイトを作っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする

目次