Jackery 1000 /1000 Pro /1000 Plusの違いは?〜EcoFlow/Anker含め徹底比較〜

当サイトには広告が含まれますが、筆者独自の視点で作成している内容には影響を与えていません。

Jackery公式 節電応援セール(2/26〜3/4限定!)
人気商品が最大35%オフ!!

■最新のPlusシリーズが最大35%オフ(おすすめ)
Jackery 2000 Plus + SolarSaga200 1枚:
¥355,000→¥230,750
Jackery 300 Plus + SolarSaga40 1枚:
¥49,900→¥39,920
Jackery 2000 Plus:¥285,000→¥199,500
Jackery 1000 Plus:¥168,000→¥126,000

■三元系で長期保証のProシリーズが最大25%オフ
Jackery 1500 Pro + SolarSaga200 1枚:
¥269,800→¥202,350
Jackery 1000 Pro + SolarSaga100 1枚:
¥179,900→¥134,925
Jackery 1500 Pro:¥199,800→¥149,850

■通常モデルが最大30%オフ
Jackery 708 + SolarSaga100 1枚:
¥118,300→¥82,810
Jackery 400:¥49,300→¥39,440

ソーラーパネルとのセットがおすすめの絶好のチャンス!
冬のキャンプや災害対策に
このタイミングを逃す理由、ありますか?

\人気商品が35%引き/

2/26-3/4限定!売り切れ前に要チェック

ポータブル電源の人気ブランドJackery。
1000WhクラスにJackery 1000 Plusが追加され、「Jackery 1000」「Jackery 1000 Pro」「Jackery 1000 Plus』の3機種体制になりました!

この記事でわかること

・Jackery 1000 / 1000 Pro / 1000 Plsuの違い
・Jackery 1000 Plusと EcoFlow DELTA 2、Anker 555との違い
・おすすめの選び方

同じような名前で何が違うの?
他社の同じクラスの商品と何が違うの?

そんな疑問を持つあなたのために、徹底解説します。

Jackeryの最安値情報はこちらから

目次

スペック

Jackery 1000 Proのスペックは以下の通りです。
従来製品と比較すると900g増えて11.5kg。
後で比較する他社製品と比べると、かなり軽量コンパクトと言えます。

項目Jackery 1000 Plus
Jackery 1000 Pro
Jackery 1000
電池リン酸鉄リチウム三元系リチウム三元系リチウム
定格容量1264Wh1002Wh1002Wh
容量拡張可能不可不可
出力2000W1000W1000W
瞬間最大出力4000W2000W2000W
サイズ(幅/奥行/高さ)mm356/260/283340/262/255332/233/243
重量14.5kg11.5kg10.6kg
コンセント充電時間1.7時間1.8時間7.5時間
USB出力USB-A:2ポート
USB-C:2ポート
USB-A(Quick Charge 3.0)出力:2ポート
USB-C出力(PD100W):2ポート
USB-A出力:1ポート
USB-C出力:2ポート
Quick Charge 3.0:1ポート
ソーラーパネル接続可能数最大4枚最大4枚最大2枚
ソーラー入力W数Max800WMax800WMax180W
サイクル数4000回1000回500回
EPS機能ありなしなし
保証期間5年(3年+延長2年)5年(3年+延長2年)3年(2年+延長1年)
価格(税込)168,000円149,800円139,800円
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

Jackery 1000 / 1000 Pro / 1000 Plus 機能別比較

数字だけ見ても分かりませんから、機能を項目別に比較をしていきます。

定格容量〜Jackery 1000 Plusは260Wh多く拡張も可能〜

ざっくり容量が25%増えているので、例えば18Wのスマホであれば1000/1000Proが54回65回充電可能となります。

スマホの充電であればどちらでもいい感じですが、大きく変わってくるのが電力消費の激しい電化製品。

家庭用エアコンの場合は1分で3.5Whほど消費しますので、1000 Plusなら6時間(360分)、1000/1000 Proなら4.8時間(286分)と、小さくない差となります。

また、1000 Plusは容量の拡張が可能。
追加バッテリーを3つ追加すれば、5000Whまで拡大できます。

5000Whあれば、先ほどの家庭用エアコンで換算すれば何と24時間使えます!

エアコンを稼働する実験記事

実際に拡張するかどうかはともかく、拡張できる可能性があることで、今後も買い換えることなく長く使える可能性は広がります。

拡張バッテリーは定価117,600円。意外と安い?

出力〜Jaclery 1000 Plusは2000W!大電力を使う家電もOK〜

Jackery 1000 / 1000 Plusの1000Wでも、大抵の家電は使えます。
ただし、ホットプレート(1400W)、ドライヤー(1200W)などの、大電力を使う製品を使うには心許ないでしょう。

Jackery 1000 Plusであれば、2000W使えますので、ほぼ使えない家電はありません。

充電時間〜Jackery 1000だけ大幅に長い!

満充電までの時間は、Jackery 1000が7.5時間と、ProとPlusの1.7-1.8時間に比べて大幅に長くなっています。

使用する前に充電することを考えると、使い勝手は大きく変わります。
出かける前夜から充電しないと間に合わないか、朝起きてからでも間に合うかの違いです。

見落としがちですが大事なポイントなので、忘れないようにしましょう。

サイズ/重量〜Jackery 1000 Plusは3kg以上重い〜

Jackery 1000 / 1000 Proと、1000 Plusは電池の種類が異なります。
前者に使われている「三元系リチウムイオン」は軽量なのが売りで、その差が3kgの重量差に現れています。

3機種とも取っ手を持って持ち運ぶ必要があるので、この3kg以上の際は意外に大きく、持ち運びが多い用途では負担になるでしょう。

サイクル数〜リン酸鉄リチウム採用の1000 Plusは脅威の4,000回〜

1000 Plusの一番の売りはサイクル数!
1000だと500回、1000 Proだと1000回ですが、1000 Plusは脅威の4000回。
10年使えるという売り文句は、ここから来ています。

実際に毎日使うことはそうないでしょうけど、1000と比較すると8倍超寿命。
高額商品ですので、長く使えるのは嬉しいです。

価格〜売り尽くしセール中のJackery 1000が激安!〜

同じ価格なら、間違いなく1000 Plusを薦めます。
ただ、現在は特に1000が大幅値引きで出ることが多いのです。

直近の最安値は以下の通り。(2023年7月現在)

機種価格
Jackery 100083,880円(40%引き)
Jackery 1000 Pro104,859円(30%引き)
Jackery 1000 Plus142,800円(15%引き)

40%以上の価格差があると、話は違ってきます。

8万円台は700Whクラスの価格になりますし、高頻度で電池を劣化させる使い方をするのでなければ、割り切って1000を購入する選択はアリです。

\毎日更新!○万円得しよう/

Jackery 1000 Plus と 2000 Plusとの比較

容量を拡張できるJackery 1000 Plusですが、拡張をした場合は2000 Plusと迷うことになると思います。

価格についても、組み合わせによっては1000 Plusが安い場合もあるので、ここで簡単に比較してみましょう。

スペック

並べてみるとよくわかるのですが、Jackery 2000 Plusはかなりの重量級。

キャスターや取っ手も頑丈になっていますが、27.9kgは気軽に持ち運べる感じではありません。

Jackery 1000 Plusは重量が約半分で14.5kg。
拡張バッテリーを1個追加して2500Whにしても24.7kg。こっちの方が軽い!
大容量を狙う場合であっても、1000 Plusが選択肢になります。

出力は2000 Plusの方が1000W高く、3000Wになります。
2000Wでも十分ではありますが、複数の大容量の機器を使うのであれば、2000 Plusが最適でしょう。

項目Jackery 1000 Plus
Jackery 2000 Plus
電池リン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウム
定格容量1264Wh2042Wh
容量拡張可能可能
出力2000W3000W
瞬間最大出力4000W6000W
サイズ(幅/奥行/高さ)mm356/260/283473/359/373
重量14.5kg27.9kg
コンセント充電時間1.7時間2時間
USB出力USB-A:2ポート
USB-C:2ポート
USB-A:2ポート
USB-C:2ポート
ソーラーパネル接続可能数最大4枚最大6枚
ソーラー入力W数Max800WMax1200W
サイクル数4000回4000回
EPS機能あり不明
保証期間5年(3年+延長2年)5年(3年+延長2年)
価格(税込)168,000円285,000円
公式サイト公式サイト公式サイト

実際に買う前にセール情報を確認してください

容量を拡張した場合の比較

容量を拡大した場合は2000 Plusをベースとして必要な分を積み上げればいいのか?
価格や重量で比較すると、必ずしもそうとは言い切れません。

ここで比較をしたいと思います。

1000 Plus容量2528Wh3792Wh5056Wh
拡張バッテリー数1個2個3個
合計価格285,600円403,200円520,800円
合計重量24.7kg34.9kg45.1kg
2000 Plus容量2042Wh4084Wh6126Wh
拡張バッテリー数0個1個2個
合計価格285,000円460,000円635,000円
合計重量27.9kg47.7kg67.5kg

2000Wh必要な場合は1000 Plusに拡張バッテリーを1個追加した方が、3.2kg軽量で、かつ同価格でありながら容量は470Wh多く得られます。

4000Wh必要な場合も、1000 Plusに拡張バッテリー2つの方が安くて軽量になります。

ただし、2000 Plusはキャスターがついているので、拡張バッテリーを乗せた重い状態でも一度に運ぶことができます。
単純にお得なのは1000 Plusですが、どちらで大容量のシステムを構築するかは、用途次第になります。

Jackery 1000 Plusと他社製品(EcoFlow DELTA 2/Anker 555)の比較

1000Whクラスのポータブル電源を揃えているのはJackeryのほかEcoFlowとAnkerです。
今回リン酸鉄リチウム搭載のJackery 1000 Plusが出たことにより、性能で3社が並びました。
ここで比較をしていきたいと思います。

項目Jackery 1000 Plus
DELTA 2
Anker 555
定格容量1264Wh1024Wh1024Wh
出力2000W1500W1000W
瞬間最大出力4000W1900W1500W
容量拡張可能可能不可
サイズ(幅/奥行/高さ)mm356/260/283400/211/281350/295/188
重量14.5kg12kg13.1kg
コンセント充電時間102分80分12時間?
電池リン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウム
サイクル数4000回3000回3000回
保証期間3年+2年5年5年
価格(税込)168,000円143,000円149,900円
公式サイトJackery公式EcoFlow公式Anker公式

機能と拡張性はJackery 1000 PlusとDELTA 2が拮抗

Anker555は機能がシンプル。
一方、Jackery 1000 PlusとDELTA 2は高機能ぶりが光ります。

Jackery 1000 PlusとDELTA 2の優位点(Anker 555比)
・パススルー/EPS機能搭載
この両方があると、例えば普段はパソコンに繋ぎっぱなし(コンセント→ポータブル電源→パソコン)。
停電時に、素早く給電が開始されて、パソコンの稼働を止めないということができます。
・スマホで遠隔操作可能
・バッテリー増設可能

スマホとの連携は嬉しいですね。
離れたところに置いていても、スマホで操作ができるのは便利です。

3機種ともリン酸鉄リチウムイオン採用。出力はJackery 1000 Plusが有利

リン酸鉄リチウムイオンは安全で、かつ高寿命なのが特徴。
サイクル数は3機種とも3000回以上と、必要十分といえます。

出力は、Anker 555が1000W、DELTA 2が1500W、Jackery 1000 Plusが2000Wと大きな差が出ました。
ホットプレートやエアコンなど、1000Wでは動かない電化製品があるので、Anker 555だと使用できる範囲が狭まります。

Anker 555は拡張不可ですし、「1000Whクラスで大電力を使う電化製品は使わない」と割り切ったスペックになっているといえます。

サイズ/重量は大差ないが、価格はJackery 1000 Plusが不利

サイズは、3社とも大差なしと言えます。
重量はDELTA 2とJackery 1000 Plusは2kgの差なので、体感できるレベルの差ではあります。

価格は今のところJackery 1000 Plusが2万円以上高め。
今後のセールに期待しましょう。

結論:価格を含めるとDELTA 2が優位、マルチに使いたいならJackery 1000 Plus

比較した結果、Jackery 1000 PlusとDELTA 2は
・最新機能搭載
・スマホ連携あり
・出力1500W以上
・拡張性あり

で、Anker 555よりも優位でした。

ただ、価格はDELTA 2の方が2万円安いので、おすすめはDELTA 2になります。

ただ、Jackery 1000 Plusは2000Wの高出力で、拡張した場合の汎用性は上がります。
また、アウトドアシーンに似合うデザインは魅力的ですので、選んで損はありません。

また、安い1000Whクラスのポータブル電源が欲しいのであれば、旧型のJackery 1000がおすすめ
10万円を切る価格で出る場合がありますので、安く大容量が欲しい人にはおすすめです。
→Jackery最安値情報はこちらから

EcoFlowを選ぶなら最安値を調べてから!

Jackery 1000 シリーズはどの機種が買いか?

「Jackeryの中で選びたい」そんなあなた。
選ぶポイントをはっきりさせて、おすすめ機種を提案します。

Jackery 1000の低価格は魅力

機能で見るとJackery 1000 Plusは魅力的です。
でも、定価で30,000円、セール価格で最大60,000円の差はあまりにも大きい!

寿命という点ではJackery 1000は不利ですが、軽量で使いやすいのは大きなメリット。
難点は充電時間で、7.5時間はちょっと長すぎますね!

そこだけ妥協できれば、割り切ってJackery 1000を買ってしまう選択はお勧めです。

安くてバランスの取れたJackery 1000 Pro

間に挟まれたJackery 1000 Proは地味な存在になっています。

ただ、セールで30%引きになることも出てきているので、改めて見直すと悪くないです。

Jackery 1000に比べて定価で10,000円、セール時で20,000円違いますが、充電時間が7.5時間から1.8時間に大幅短縮されるのは大きな魅力。
また、充電サイクルは1000 Plusほどではないですが1000買いになり、保証も5年になります。

とにかく、Jackery 1000の充電時間はストレルになると思うので、10万円台で1000 Proが買えるなら、こちらの方が満足度が高いかもしれません。

結論:高機能/拡張性を期待するなら1000 Plus、そうでなければ1000

機能で見るとJackery 1000 Plusがいいに決まっています。
リン酸鉄リチウム搭載で長寿命、アプリ対応や停電時に使えるEPS機能、拡張性も魅力的です。

そのため、予算に余裕が合えば1000Plusで決まり!
拡張できることを考えると、2000 Plusよりも使いやすく、「Jackeryを買うならJackery 1000 Plusにしとけ」と言っても言い過ぎではありません。

ただ、在庫売り尽くし状態のJackery 1000もかなり魅力的。
8万円台で買えるなら、割り切って1000を買う選択がいちばんのおすすめです。

Jackeryを○万円安く買いたいなら、、まずは確認を↓

まとめ

悩んでしまいがちなJackery 1000 /1000 Pro / 1000 Plusの比較と他社製品との比較でした。

価格差が絶妙で、どれも選ぶ理由がありますが、価格を考えると旧型のJackery 1000がおすすめ。
9万円を切っていたら、買いのサインです!

Jackery 1000 Plusは、今後の価格動向に注目です。
他社製品との価格差があるので、遠くない将来、いい条件が出てくるかも。
価格情報は要チェックですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次