\ ポイント最大9倍! /

BLUETTI AC70実機レビュー!〜EB70S/Jackery/EcoFlowと比較〜

当サイトには広告が含まれますが、筆者独自の視点で作成している内容には影響を与えていません。
BLUETTI_AC70 EB70S/Jackery/EcoFlow比較

ポータブル電源を狙っている人に朗報!
BLUETTIセール開催中!
高寿命のリン酸鉄リチウムイオン電池を採用したBLUETTIポータブル電源を手に入れる大チャンス!

セール価格例
AC240: ¥179,800(¥80,000引き)
AC200Max: ¥169,000(¥30,000引き)
AC180: ¥128,000(¥20,000引き)
AC70: ¥72,800(¥12,000引き)


春のキャンプや防災対策にピッタリ!
あなたはこのチャンス、活かせますか?

\最大8万円オフの大チャンス!/

人気商品は売り切れ注意!

先進的なポータブル電源の人気ブランドがBLUETTI。
全機種リン酸鉄リチウムイオン電池搭載、多機能でたくさん売れています。

今回の紹介するAC70はリン酸鉄リチウムイオン電池を採用。
従来以上の3000サイクルを実現して長寿命に、また安全性も向上しました。

この記事では、従来モデル、他社製品との比較を通じて、BLUETTI AC70の魅力を徹底解剖していきます。

\メルマガ登録で2,000円クーポン/

充実機能のご確認はこちらから

目次

特徴とスペック

Jackery AC70の魅力は、高出力と拡張性。
高出力は使える家電やガジェットの幅を広げてより便利になります。
また、電池容量に不足を感じたら買い替えることなく、拡張バッテリーの追加で容量を増やせます。

また、アプリコントロール対応をしているのでスマホで使えることも魅力的。
少し離れたところからでも、状況が手に取るようにわかります。

スペックは以下の通り。

スクロールできます
項目BLUETTI AC70
BLUETTI AC70
定格容量768Wh
容量拡張最大2,816Wh
出力1000W
瞬間最大出力2000W
電池素材リン酸鉄リチウム
充電時間1.5時間
サイズ(幅/奥行き/高さ)mm310 x 210 x 256
重量10.2kg
充電サイクル
(容量80%)
3,000回
保証期間5年
価格(税込)84,800円
製品の詳細BLUETTI公式
最安値の確認最安値をみる

\メルマガ登録で2,000円クーポン/

公式サイトの価格は要チェック

AC70実機レビュー

BLUETTI様より貸与いただき、実際に使ってみました!
軽量でありながら高スペックで、オススメできます。

外観

BLUETTI AC70

突起物がなくスタイリッシュな外観です。
取っ手は後ろ側に内蔵されているので見た目はいいですが、持ち上げる時に斜めになるのは好みが分かれるかも。
私はJackeryのような真っ直ぐ持てるタイプが好きです。
ただ、AC70程度の重量(10.2kg)であれば、問題にはなりません。

操作系は整理されてわかりやすくなっています。

AC70の操作系

左側:DCのインプット/アウトプット(車のシガーソケット想定)
下側:DCのアウトプット(USB-A x 2 / USB-C x 2)
右側:ACのアウトプット x 2
右側面:ACのインプット / ソーラーのインプット
ボタン:右からDC/電源/AC

左はDC、右はACで覚えればOK!
液晶の配置ともリンクしているので、直感的に操作することができます。

液晶

BLUETTI AC70 液晶

大型で見やすい液晶を装備しています。

左側がDC 、右側がAC
上がインプット、下がアウトプット
というふうに整理されており、一目で状況が把握できます。

充電時間

後日加筆

使えた機器

後日加筆

最新版の電力リフト機能を実験!

BLUETTI AC70

ごめんなさい。
ちょっと無茶させました。

ホットプレート
BLUETTI AC70 電力リフト

まずはホットプレート。
繋いだら、早速1277Wの出力で稼働。
鍋の料理をスタートしたら、2分ほどでストップしました。
鍋は料理できず。。。(通常のコンセントで料理して美味しくいただきました)

BLUETTI AC70 電力リフト(電気ポット)

次はティファールの電気ポット。
これもなかなかの大電力喰らいで1237Wの出力を記録。
これまた2分くらいで停止しました。

電力リフト機能の上手な使い方は、一瞬だけ1000Wを超える機器に限定することです。

EB70Sとの比較

既存の機種と比較していきます。

機能と性能の違いは、以下の通りとなります。

・AC70は電池容量が7%多く、拡張が可能
・サイズは横と奥行きはほぼ同じ、高さはAC60が4cm弱高い
・両者リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用だがAC60はさらに長寿命(2,500サイクル→3,000サイクル)
定格1000W(最大2000W)の高出力、EB70S比で25%増
・重量は500g増しなので無視できるレベル
充電時間は半分以下で、利便性は大幅UP

両者リン酸鉄リチウムイオン電池採用ですが、細かな改良を積み重ねていて商品力はかなり高まっています。

高出力対応と拡張バッテリーにより、1500Whクラスと同様の使い方にも対応できます。
不要な時は軽量で使いやすいので、用途が本当に幅広いです!

また、充電時間の短縮で大きく使い勝手が向上。
キャンプに行く朝に充電を忘れていても、準備をしている間に充電が終わります。

EB70Sの欠点を細かく潰しているので、予算の都合でEB70Sしか買えない場合以外はAC70を強く推奨します。

スクロールできます
項目BLUETTI AC70
BLUETTI AC70
BLUETTI EB70S
BLUETTI EB70S
定格容量768Wh716Wh
容量拡張最大2,816Wh拡張不可
出力1000W800W
瞬間最大出力2000W1400W
電池素材リン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウム
充電時間1.5時間3.75時間
サイズ(幅/奥行き/高さ)mm310 x 210 x 256320 x 216 x 220
重量10.2kg9.7kg
充電サイクル
(容量80%)
3,000回2,500回
保証期間5年2年
価格(税込)84,800円69,800円
製品の詳細BLUETTI公式BLUETTI公式
最安値の確認最安値をみる最安値をみる
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

他社製品との比較

必要十分の電池容量、アウトドアでも持ち出せるサイズ/重量という高バランスの700Whクラス。
価格が拮抗していることもあり、悩む人も多いと思います。

ズバリ、一番のおすすめはAC70!

比較のまとめ
・出力はAC70が1000Wで一番!使用用途が広く、不足する場面はないでしょう。
・重量は三元系リチウムのJackery708が最軽量。しかし、耐久性が低くおすすめしません。
・充電時間はAC70とEcoFlow RIVER 2 Proが1時間半以下。
・実売価格はEB70Sが一番安い傾向。50,000円程度になるケースも。
 他の3機種は60,000円台が最安値。
→一番高スペックなのに価格は他機種と同等のAC70がベスト!

\メルマガ登録で2,000円クーポン/

公式サイトの価格は要チェック

AC70は最新機種ですが、BLUETTIはセールが一番多いメーカーです。
発売当初は早割価格でセールとなっており、今後も期待ができます。
EB70Sの安さも魅力ですが、長く使うことを考えるとAC70がベストの選択となります。

スクロールできます
項目BLUETTI AC70
BLUETTI AC70
Jackery 708
Jackery 708
RIVER 2 Pro
River 2 Pro
BLUETTI EB70S
BLUETTI EB70S
定格容量768Wh708Wh768Wh716Wh
容量拡張最大2,816Wh拡張不可拡張不可拡張不可
出力1000W500W800W800W
瞬間最大出力2000W1000W1600W1400W
電池素材リン酸鉄リチウム三元系リチウムリン酸鉄リチウムリン酸鉄リチウム
充電時間1.5時間5時間70分3.75時間
サイズ(幅/奥行き/高さ)mm310 x 210 x 256300 x 192 x 191269 x 259 x 226320 x w216 x 220
重量10.2kg6.8kg7.8kg9.7kg
充電サイクル
(容量80%)
3,000回500回3,000回2,500回
保証期間5年2年5年2年
価格(税込)84,800円84,500円88,000円69,800円
製品の詳細BLUETTI公式Jackery公式EcoFlow公式BLUETTI公式
最安値の確認最安値をみる最安値をみる最安値をみる最安値をみる
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ズバリ買いか?

BLUETTI AC70はズバリ買いか?
間違いなく買いです!

比較をした通り、他メーカーの同等機種よりスペックは一段上。
同じBLUETTIのEB70Sは価格では優位ですが、汎用性と充電時間を考えるとAC70が優位。
迷うことはありません。

\メルマガ登録で2,000円クーポン/

公式サイトの価格は要チェック

まとめ

BLUETTI AC70を徹底解剖してきました。

EB70Sの欠点を見事に潰し、ライバルを凌駕した強力な商品と言えます。

・リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用でさらに高寿命化(2,500サイクル→3,000サイクル)
・定格1000W(最大2000W)の高出力

・補助バッテリーで容量は最大2,816Whまで拡張可能
・スマホで管理可能

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

これだけの内容ですから価格が高いと思いきや、ライバルと同等。
セールも頻繁ですので、非常にお求めやすいです。

頻繁に買い替えるものではないので、高出力と拡張可能な汎用性、高寿命化が嬉しい。
5年保証で、長く安心して使えます。

700Whクラスを買うのであれば、AC70を強くお勧めします!

\メルマガ登録で2,000円クーポン/

公式サイトの価格は要チェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次